記事一覧

そうだ映画を見よう!④暇な時に見たいマイナー映画04

さて、第4段目は、「ステッピングアウト」です。

主演はライザ・ミネリー、その他、8名のタップダンスを習う生徒達。

片田舎で、しがないタップダンスの教室をやっている先生と、そこに
通って来る8人の生徒。

生徒たちは太ったおばちゃんや、上流階級風の叔母様、その他、
諸々のオバちゃんや達に1人だけ可愛い女子が居て、更にはパッ
としない男性が1名と、見るからに凸凹チームで、タップダンスの
技術も見た目同様、パッとしていない。

8人の生徒達の描き方も、それぞれが人間味を帯びていて、それぞれ
少しずつではあるが、いい感じに描かれていて好感が持てます。

特に1人しかいない男性がキュート。

そんな8名のチームが、町の催しに出場する為、猛特訓を始める
んだけど…。

そもそも、ダンスなんてちょっとした気分転換で始めた気まぐれな
人たちだから、上手く纏まるのか…っていうのも見所なんですが…。

中盤よりも少し手前の、ちょっと面白くなさそう~もう見るの辞めよう
かな~と思った矢先、ライザ・ミネリーが魅せるダンスの素晴らしい事。

見る気力を一気に引っ張られ、最後まで見たくなってしまう展開の
上手さ。

さてさて、肝心カナメの町の催しに、何と先生が出られなくなる事態が
発覚!!それに伴い、8人の生徒たちがどうなっていくのか??

物語のクライマックスは何と言っても、催し会場でのタップダンスで、
8人が魅せるタップダンス…と思うでしょ。

それがまだあるんだ。

そうそう。1つ書き忘れた。

生徒の他に、ピアノを弾くオバちゃんがいるんだけど、このオバちゃんも
最後良い表情するんだよ。

とにかく最後のタップダンスは、見て頂いて損なし!って感じなので、
「フラッシュダンス」とか好きな人は、是非見て見て下さい♪


スポンサーサイト
4 5 6

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

コメントの投稿

非公開コメント