記事一覧

そうだ映画を見よう!⑩暇なじゃなくても見なきゃいけない映画01

さて、今日はどうしても見て欲しい映画という事で「WALL・E」です。

あ、観たかとあるって方。お疲れ様でした。次回をお楽しみに。


で、観てないという方。

そこに座りなさい!!(苦笑)

というか、こんなブログ読んでないで、早くDVD屋さんに行って
、借りてらっしゃい!

いやいや、強制はいけませんな。

(でも、顔は笑ってない…笑っている様に見えても、その笑顔は
ぎこちない…苦笑)

でも、その位、是非見て欲しい映画なんですって。

この「WALL・E」、何がすごいかって、

「大切な事は言葉で表せない」って事なんですよ。

バックに流れるミュージカル「ハロー・ドーリー!」の「日曜は晴着で」
の軽快さとは対照的に、誰もいない殺伐としたゴミだらけの地球。

彼は1人(1台…あと1匹仲間がいますが)で、何年も何年も他の
仲間が壊れていなくなるまで…。

で、そんな彼の元に、天使が舞い降りてきます。

この天使「イブ」は、真っ白で、両手をはねの様に広げて、
本当に天使のようにスーっと、飛び回るんですが、豪く
気性が荒く、あちこち破壊しまくります(笑)

そして彼女「イブ」は命令に従って、元の宇宙船に戻るん
ですが、それを知らない「WALL・E」は彼女を助ける為、
(というか、彼女と手を繋ぎたいという一心)で地球を後に
します。

彼の必死さ。彼の一途さ。彼の空回りに、もう
「ドキが胸胸しちゃう」…(クレヨンしんちゃんか!)

で、やっと、彼女に巡り合えるんですが、彼女の使命
でもある「命令」が、大きな意味で、重要な運命を
握ることになります。

さあ、一体どうなるのか??

気になった方は、是非見て見て下さいね。







さて、観た事があったのにここまで読んで下さった
皆様。本当に有難う御座いました。次回もまたお楽しみに。

スポンサーサイト
4 5 6

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

コメント

コメントの投稿

非公開コメント